ジョジョ・ラビット

この物語はナチスに傾倒し、ヒトラーを空想の友達とする10歳の少年がある日母親が家に匿っていたユダヤ人の少女と出会うところから始まる。敗色濃厚となった戦時中のドイツが舞台ではあるが、コミカルに作られているため基本的に明るくどこか牧歌的な雰囲気で物語が進んでいく。

少年、ジョジョはヒトラーユーゲントという青少年教化組織に所属しており、街にポスターを貼ったり準軍事訓練を受けたりと幼いながら一端の党員としての心構えを持っている。教官の口から敗色濃厚という言葉があることから、この時点で彼らも遠からず戦いに駆り出される事を予感させるものの、その模様がコミカルに描かれている。

ジョジョは訓練中に手榴弾の投擲に失敗して顔に傷が残る怪我をしたりするのだが、敬愛する総統であり空想上の友達でもあるヒトラーとのコントのようなやりとりも手伝って彼を取り巻く異常な状況も深刻さを感じさせない。

そんな彼の生活はひょんなことから母親が密かに屋根裏に匿っていた年上の少女と出会う事で大きく変わっていく。どうして母親がユダヤ人を匿っているのか、この事が周りに知られたら母親も自分も無事では済まない。自分が少女の存在を知ったことを母親に言えない彼は少女を家から出ていかせようとするも力では年上の少女に敵わないため空想上のヒトラーと相談し相手の弱みを握るべく観察することにする。そうして微妙な距離を保ちながら接していくうちに彼は少女に惹かれていくのだが……。

この作品、コメディ調で描かれているのだがそこはナチスドイツを題材にしたものだけあって悲劇もきちんと描かれている。ドイツが敗戦に近づくにつれて空想上のヒトラーが最初の頃のひょうきんさをなくして苛烈になっていく様子には薄ら寒さを感じさせられたものだ。

追い詰められていく祖国にあって反ナチスの動きを見せる母親、倒すべきユダヤ人でありながら自分に恋心を抱かせる少女、一つ歳上の友人は一足先に兵士になったと銃を背負い出す。この目を覆いたくなるばかりの陰惨な材料をあえてコミカルに仕上げたこの作品は視聴後に独特の余韻を残してくれる。

エンドロールを眺めながら、中年男性であるところの私はジョジョと一体化しあの時代は一体なんだっのだろうとほろ苦い初恋の記憶とともに思い返すのだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました